お酒を飲んだら抜け毛は増えるのか?

薄毛を引き起こす原因の一つにアルコールがあります。ここではお酒と禿げの関係について見ていく事にしましょう。

・アルコールは肝臓に負担になる

お酒を飲むと肝臓で分解されるようになります。その際にエネルギーに使われるのがシステインとメチオニンです。聞いてもあまりピン来ない人も多いでしょうが、これらはアミノ酸の一種になります。

髪の毛はタンパク質で構成されますが、そのタンパク質はシステインとメチオニンで作られています。

アルコールを摂取する事によって、これらの分解されるエネルギーが多くなるので、髪を作る材料になる成分が奪われます。

これでは十分に髪の毛を作る事ができなくなります。またアルコールの摂取により肝臓にダメージを与えて肝臓の機能が落ちてしまいます。

そらからアルコールが胃や腸にある栄養を吸収する働きがある細胞を弱らせます。

またアルコールを飲むとトイレに行く回数が増えますが、その際に髪の毛に必要になる栄養素も一緒に排出してしまうのです。

・アルコールの分解が追いつかないと起こる事

肝臓がアルコールを分解する過程の中で、アセトアルデヒドと呼ばれる成分が生じますが、この物質は体に悪い影響があります。ですが、正常な状態においては肝臓が分解してしまい、無害な酢酸になります。

ただ、アセトアルデヒドが分解されない事があるので困りものです。

それはお酒の飲み過ぎにより、肝臓での分解が追いつかない時です。分解が不十分になれば、分解されない分は血液に乗って体中に運ばれます。

そしてこのアセトアルデヒドはDHTを増やす作用もあります。DHTはジヒドロステロンの事ですが、抜け毛を起こす原因になる物質として知られています。

・お酒を飲むと糖分の過剰摂取に繋がる

お酒には実は糖分が含まれるものも多いのです。梅酒や清酒、ビールやワイン、ウイスキーなど実は糖分が含まれます。

それからお酒を飲みだすとおつまみや食事をいつも以上に食べるようになります。

その事もまた糖分をたくさん摂る理由になります。では糖分をたくさん摂取するとなぜ、抜け毛が増えるのかですが、それには主に2つの理由があります。

まずは糖分をたくさん摂取すればその糖分は血液中で脂肪に変化します。

脂肪が多くなると皮脂分泌が促進されます。その過剰に出てきた皮脂が毛穴を詰まらせて、それが角栓に変わります。

角栓が毛穴を塞いでしまうようになると抜け毛になります。それから過剰に糖を摂取したために肥満になる事も理由です。

肥満は体全体の血液の流れが悪くなりますから、頭皮にも血液が送られにくくなります。これでは髪の毛を作る上で必要になる栄養素も届きません。お酒が好きな人は多いです。

ですが、過剰に飲む事は控えておきましょう。

関連記事