ジョギングで、頭頂部のハゲを消せた!

大人になって、まさか自分がハゲるとは思いもしませんでした。

私は30歳の広告代理店でデザイナーとして働いています。

この業界は残業ありきの世界で、時間にも追われつつ、質を保ちつつ量をこなしていかなければいけない、とても厳しい世界です。

この業界に入って、もう5年以上経つのですが、久しぶりに高校時代の友人たちと集まる機会があった時に友人の1人から「あれ、お前ハゲてんじゃんw」と衝撃の一言を言われました。

一体、友人は何を言っているのだ、誰の頭髪がハゲたと言っているのだと一瞬困惑に陥った私でしたが、その後に現実を受け止めなければいけない時代になりました。

私の頭頂部を友人が携帯の写真で撮影して見せてくれたところ、つむじというにはあまりにもエリアが広すぎるミステリーサークルが広がっていました。

まさか自分の頭がこんな状況になっているとは…。

内心パニックに陥り、それからの友人との会話もまともに話せなくなりました。

「何とかしなければ…」そう思った私は、何故自分がハゲたのかの原因を突き止めるところから始めることにしました。

まず考えられるのは仕事内容のキツさから来るストレスであったり、デスクワークで起こりがちな運動不足が原因になっているのだろうと思い当たりました。

ネットでも検索している内に「ジョギングは毛細血管を育てて、ハゲも改善される」という情報を見つけましたので、週末にはジョギングの装備一式を揃えました。

最初の内は、長年の運動不足が積もった結果でしょうか、5分も走れないような状況でしたので、疲れたら歩き、回復すればまた走りを繰り返しながら30分間走り続けるようなジョギングペースで続けていました。

そして徐々に体も慣れていき、ゆっくりなペースではありますが30分ぶっ続けで走れるようになりましたので、そこから1日1分ずつ走る時間を伸ばしていきました。

季節にもよりますが大体15分ぐらい経つと身体が温まり、30分後には汗をかき出すようになります。

長年運動して知らなかったのですが、自分のペースで汗を軽くかくぐらい走るだけでも気分がスッキリするので、精神面で爽快感も感じれるようになりました。

その生活が1年ほど続いてから、再びあの冷酷な宣告をした友人と会う機会があったのですが、友人に私の頭頂部を見せたところ、「あれ?ハゲ治ってんじゃん。アデランス行ったの?」と言われたので、薄毛改善はバッチリ成功したようです。

ジョギングをするとなぜ薄毛が改善されるのか最後にまとめですが、

・ジョギングをすると毛細血管が発達するため、頭髪を育てる栄養などが行き渡りやすくなる。

・走っている習慣が身につくとストレス解消になり、ハゲる原因となるホルモンなどが減ることになる。

・ある程度の疲労感で、熟睡できるので寝ている間に頭髪の成長が促されやすくなる。

などです。

私のように薄毛で悩んでいる方は、最初はゆっくりなスローペースで構わないのでジョギングを始めて見ることをオススメします。

関連記事