育毛剤より食事改善が大事!!

薄毛で悩んでいる人はこの世でたくさんいると思います。

私は薄毛では悩んでいないのですが私の祖母が薄毛で何年も悩んでいます。育毛剤を何種類も買ってみては効果がなく辞めての繰り返しで私はこう言いました。

「ばぁちゃん。育毛剤なんて気休めだよ!植毛したら早いよ!よくCMとかでもやってるよ!アートネイチャーとかリーブ21とか。チャレンジしてみたら?」と言うと祖母は「いやだな。植毛したら周りからバレるし。絶対明らかに不自然だと思うし。」って言い返してきました。

私はそこでなんで1回も試した事も無いのに絶対とか言いきれるのかな。と不思議に思いました。食事の方も髪の毛が生えやすくなる食材を調べました。

@イワシ。イワシはメチオニンという成分が含まれており、ハゲ予防薄毛対策に最も効果のある食材です。

Aサケ。アスタキサンチンという成分が含まれており太くて健康な神を生やしてくれる効果があります。

Bタマゴ。タマゴにはビオチンという成分が含まれていて抜け毛や白髪予防に効果があります。ビオチンを上手に摂る食べ方は卵かけご飯に黄身だけをかける事と目玉焼きにする事が上手な摂り方です。

C鶏肉。鶏肉の軟骨、皮、手羽先にはコラーゲンが含まれています。コラーゲンには毛細血管を丈夫にしてくれる働きがあるので抜け毛予防に効果的です。

D牡蠣。牡蠣は髪の毛の三大栄養素の中の一番不足がちな亜鉛を豊富に含んでいます。牡蠣は生で食べた方が亜鉛をいっぱい摂取できると考えている方!間違いです!逆に牡蠣は加熱した方が亜鉛が増えるので牡蠣にあたってお腹を壊さないように加熱して食べましょう。

E海藻(わかめ、ひじき、こんぶ)

海藻が髪の毛に良いのは誰もが知っている有名な話しですが海藻にはヨードというミネラル成分が豊富に含まれていてこれにより血行を良くする働きがあり抜け毛、薄毛に効果があります。

F牛レバー。レバーには髪の三大栄養素である「タンパク質」「ビタミンB」「亜鉛」が全て含まれています。ですがこのレバーを過剰摂取しすぎると逆に脱毛の症状を起こしてしまいます。

G牛もも肉。牛もも肉はお肉の中で一番亜鉛が含まれています。1日に必要とされる亜鉛摂取量を摂るには牡蠣は5、6個で牛もも肉なら300gで摂れます。

育毛剤などに頼る前にまず大事なのは食事からだと思います。

食事を改善していけば薄毛の悩みもあっという間に消え去るはずです。

祖母にこの調べた食材を伝えたら積極的に買うようになりました。祖母も薄毛に悩まないで明るく生きてほしいと思いました。

関連記事