薄毛に立ち向かうための日々のケア

どうしても抗いようがないと思える問題の1つである薄毛問題はその典型です。

もちろん年齢を重ねてもフサフサな髪の毛を持っている人もいますが、そのような人はごく一部で、薄毛というと男性でなく女性も抱える悩みの種です。

元来薄毛の人もいるかと思いますが、段々と薄毛になっている人や急激に薄毛になる人にはなんらかの原因があるように思います。

この原因はDNAや遺伝子上の問題を除いた場合になります。では、何が薄毛問題を進行させるのか1つ1つ考えて対策を考えたいと思います。

薄毛の原因として代表的なものは喫煙です。毛髪や毛根は頭皮の血流によって育ち、活性化するのはテレビのCMやその他メディアによって散々理解しているかと思います。

喫煙は血管の収縮だけでなく、肺も弱らせるために血中の酸素濃度の低下も招きます。

それが意味するのは頭皮への血液循環を悪くすること、酸素供給を妨げることによるエネルギー循環の低下など、いわずもがな薄毛を促進する理由の1つとなります。

やはり体は最大の資本のため、体の健康をおろそかにすることはそのまま薄毛に直結する原因になりうるということを肝に命じておく必要があるかと思います。

続いての薄毛の原因は皮脂と乾燥によるものです。

このケースは対象的な状態ではありますが、やはりどちらも薄毛を招く原因となります。特に過剰な皮脂の発生による薄毛はイメージも湧きやすいかと思います。

ギトギトに脂ぎったその額、それは頭皮にも浸透していき、そういった人は何かと薄毛気味です。

顔がテカテカで太り気味のサラリーマンが汗をかいてそれをハンカチで拭っている、というものを連想していただければわかりやすいかと思います。

一方の過度の乾燥も頭皮にダメージを与えやすい環境下におかれているため、乾燥によるかゆみが生じた際などはつい頭をボリボリと掻いてしましがちになります。爪を立てて頭を強く掻くことは、せっかく育ってる畑を荒らしてまわるのと同じようなものです。

どちらの場合も自分の肌に合わせたシャンプーを探して頭皮と髪の毛を守ってあげる、ケアを忘れないことが薄毛対策になります。

前述のシャンプーについては自分の体質、髪質にあったものを選ぶことも大事ではありますが、その洗い方にも気をつけなければいけません。

やはり爪をたててゴシゴシと頭皮を洗うことはダメージを与え、それを続けることはダメージの蓄積となり、結果として将来的な薄毛につながります。

コツとしては指の腹や手のひらを使って優しく、頭皮を傷つけないように洗うことが一番です。そして皮脂や汚れを落とすことも大事ですが、丁寧に洗ってシャンプーの泡を落としきることも重要になってきます。

上記のどの方法も日々の少しの気遣いから改善できるものになります。薄毛に悩むことや将来に備えて予防するためにも、日々のケアをこまめにしていくことがあなたを薄毛の悩みから解放する鍵につながるはずです。

関連記事